未分類

B型肝炎は早期治療が必須

B型肝炎、C型肝炎、こうした肝炎という言葉は比較的身近に聞くことが多いと感じます。B型肝炎、急性の場合は、免疫力のある成人がB型肝炎ウイルスキャリアと血液や体液の接触によって感染する一過性の肝炎という病気です。この場合、感染後、3ヵ月程度潜伏し、倦怠感や食欲不振、吐き気などの症状が起こります。

すでに免疫力が高くなっている成人が羅漢する病気となるため、治療としては治療薬だけに頼るのではなく、入院加療し、点滴などを行って体力維持に努め自然に治癒していく治療が基本となります。

赤ちゃん慢性B型肝炎の場合、免疫力のない赤ちゃんに母親が持っているB型肝炎ウイルスなどにより、出産時の出血などから感染します。B型肝炎ウイルスが肝臓に住み着き、持続感染をおこし発症します。慢性B型肝炎を治療せずそのままにしておくと、症状が進み、肝硬変や肝臓がんなどに移行してしまうことがあるので、治療をしっかり行うことが必須となります。

持続感染となってしまうとウイルスを体外に排出するという事が出来なくなってしまうので、治療薬などを利用して症状を抑制する治療となります。症状を悪化させず現状維持するためには早期に発見し、早期に治療を開始する事が必要なのです。

最近エンテカビル・バラクルードというお薬が注目されています。B型肝炎に対するお薬なのですが、こうした新しいお薬の治療を含めて、B型肝炎の治療について当サイトで知って頂ければ幸いです。