未分類

C型よりも難しいB型肝炎の治療

B型肝炎はC型肝炎よりも治療が難しいといわれます。C型の場合、治療目的はウイルス駆除です。肝がんの発生をさせない事、これがC型肝炎の治療となります。しかしB型肝炎の場合、ウイルスを駆除するという事が出来ない、不可能であるため、治療目的はウイルスの活動をなるべく沈静化し、現状維持、これ以上悪くしないという治療だからこそ難しく、しっかりと治療する事が重要なのです。

薬残念なことに、短絡的沈静化させることは出来ませんし、肝臓がんに移行しないようにすることもかなり大変なことです。しかししっかりと真面目に治療することを考えていけば、現状維持する事も不可能ではありません。B型肝炎の場合、インターフェロン、またエンテカビル・バラクルード、またテノホビルなどの核酸アナログ製剤の選択をして、治療を行います

B型肝炎は臨床像が複雑な肝炎といわれており、C型とは違い安定したウイルスキャリアだった方がいきなり重症化してしまったり、若い人がいきなり肝臓がんを起こしたりするという厄介な病気です。そのため、臨床像としてとらえにくく予測しながらの治療が非常に困難となってしまうのです。B型肝炎の治療は肝臓専門の医師がその方の様子をしっかりと見極めながら治療を行っていくことが必要な病気です。