未分類

B型肝炎の治療

B型肝炎は抗ウイルス療法を行います。C型のようにウイルス駆除ができないため、できる限りウイルスの増殖を抑制することが重要となるのです。これまで非常に多く利用してきたお薬としては、ペグインターフェロンがあります。

ペグインターフェロンを48周投与し、HBe抗原陽性、陰性の拘ることなくHBVDNAの量がHBVDNA量が4Logコピー/ml以上でALT値 31IU/L以上となった症例を適応としています。核酸アナログ製剤による治療は、ラミブジン、アデホビルなどがありますが、ラミブジンは耐性株出現頻度が高い、またアデホビルは単独投与で腎障害を起こす危険性があり、第一選択肢になりません。通常、副作用、効果などを考慮し、エンテカビル、テノホビルが第一選択肢となります。

耐性株に対する対応については、ラミブジン耐性などがある場合、テノホビルに切り替え、それでは十分でないという場合、アデホビル、エンテカビルを加えるという形になります。

問診票B型肝炎の方それぞれがどのように治療していくことが必要なのかという事を医師がしっかり検査し、その方の病状を確認しながら慎重に治療していくことが求められるため、お薬を飲んでいればいいという治療ではありません。しっかりと医師の判断を仰ぎながら、治療を進めていくことが必要なのです。

未分類

B型肝炎の薬

B型肝炎には新しいお薬が登場していて、そのお薬による治療が行われています。特に最近注目されているお薬として、エンテカビル・バラクルードというお薬があります。このお薬は、錠剤でエンテカビルという成分の入ったもので、バラクルードという治療薬です。

薬エンテカビルという成分はB型肝炎のウイルスが増殖するのを抑制するお薬です。B型肝炎の治療はこのウイルスの増殖をできる限りくいとめて症状を重症化させない、癌化させないということが大切な治療となりますので、このお薬は、ウイルス地が高い、肝臓機能の数値が悪いという状態、つまり肝炎が進行状態にある患者さんに処方されるお薬です。

このお薬を利用することで、体内のウイルスが限界低減に達したという方が94%という高い結果を持っていて、有用性が注目されています。こうした画期的で効果の高いお薬の場合、副作用が気になるのですが、バラクルードは副作用も生活に支障のない程度の危険性が少ないお薬です。

ただし、このバラクルードは非常に費用がかかりました。治療薬が高いので多額な治療費がかかるのですが、肝炎医療費女性制度の適用となったため、治療費の一部に助成があります。そのため、現在、自己負担額毎月1万円で利用できる利用しやすいお薬となっています。

未分類

C型よりも難しいB型肝炎の治療

B型肝炎はC型肝炎よりも治療が難しいといわれます。C型の場合、治療目的はウイルス駆除です。肝がんの発生をさせない事、これがC型肝炎の治療となります。しかしB型肝炎の場合、ウイルスを駆除するという事が出来ない、不可能であるため、治療目的はウイルスの活動をなるべく沈静化し、現状維持、これ以上悪くしないという治療だからこそ難しく、しっかりと治療する事が重要なのです。

薬残念なことに、短絡的沈静化させることは出来ませんし、肝臓がんに移行しないようにすることもかなり大変なことです。しかししっかりと真面目に治療することを考えていけば、現状維持する事も不可能ではありません。B型肝炎の場合、インターフェロン、またエンテカビル・バラクルード、またテノホビルなどの核酸アナログ製剤の選択をして、治療を行います

B型肝炎は臨床像が複雑な肝炎といわれており、C型とは違い安定したウイルスキャリアだった方がいきなり重症化してしまったり、若い人がいきなり肝臓がんを起こしたりするという厄介な病気です。そのため、臨床像としてとらえにくく予測しながらの治療が非常に困難となってしまうのです。B型肝炎の治療は肝臓専門の医師がその方の様子をしっかりと見極めながら治療を行っていくことが必要な病気です。

未分類

B型肝炎は早期治療が必須

B型肝炎、C型肝炎、こうした肝炎という言葉は比較的身近に聞くことが多いと感じます。B型肝炎、急性の場合は、免疫力のある成人がB型肝炎ウイルスキャリアと血液や体液の接触によって感染する一過性の肝炎という病気です。この場合、感染後、3ヵ月程度潜伏し、倦怠感や食欲不振、吐き気などの症状が起こります。

すでに免疫力が高くなっている成人が羅漢する病気となるため、治療としては治療薬だけに頼るのではなく、入院加療し、点滴などを行って体力維持に努め自然に治癒していく治療が基本となります。

赤ちゃん慢性B型肝炎の場合、免疫力のない赤ちゃんに母親が持っているB型肝炎ウイルスなどにより、出産時の出血などから感染します。B型肝炎ウイルスが肝臓に住み着き、持続感染をおこし発症します。慢性B型肝炎を治療せずそのままにしておくと、症状が進み、肝硬変や肝臓がんなどに移行してしまうことがあるので、治療をしっかり行うことが必須となります。

持続感染となってしまうとウイルスを体外に排出するという事が出来なくなってしまうので、治療薬などを利用して症状を抑制する治療となります。症状を悪化させず現状維持するためには早期に発見し、早期に治療を開始する事が必要なのです。

最近エンテカビル・バラクルードというお薬が注目されています。B型肝炎に対するお薬なのですが、こうした新しいお薬の治療を含めて、B型肝炎の治療について当サイトで知って頂ければ幸いです。